愛される喜びと愛する喜びが思いやりと生きる力を育てます

おたより10月2日号、ひまわり通信9月号

2015年園だより

おたより10月2日号をアップしました。

こちらからもダウンロードできます。⇒おたより10月2日号

——————————————

また、月刊ひまわり通信平成27年9月号もアップしました。

こちらからもダウンロードできます。⇒月刊ひまわり通信9月号

たなばた

七夕に向けて、各クラスで七夕飾りの製作をしてきました。

IMG_7110IMG_7103

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7099IMG_7116

 

 

 

 

 

 

 

ぱうろ組も6月下旬から短冊を書いたり飾りを作ったりしていたところ、Bの☆☆ちゃんが

「どうしてこういう飾りをするの?」と疑問を持ったようです。

短冊は“字が上手になるように”・・・

他の飾りの由来は何だろう?

調べてみると、ひし形つなぎは“裁縫が上達しますように”、

網と野菜飾りは“食べ物に不自由しませんように”、

貝は“海の恵みを受けられますように”。

ちょうちんは“織姫と彦星に明かりをささげる/心を明るく照らしてくれますように”

との意味があるようです。

IMG_6967IMG_6961

 

 

 

 

 

 

IMG_7129IMG_7121

 

 

 

 

 

 

 

4歳で物事に深く興味を持つ☆☆ちゃんの言葉に驚くとともに、素敵だなあと感じました。

それからは、飾りを作る!と言ってくれた子には意味も伝えるようにしました。

七夕飾りの当日は、みんなで輪になり願いを込めて飾りました。

翌日、「昨日の夜 雨降ったけど、織姫と彦星 会えたかな?」

「会えたよ!だってちょうちん飾ったからね。」

「そうだね!明るかっ たよね きっと!」

「よかったあ~」古くから伝わる七夕ですが、

物語や由来を子どもたちと話しながら、これからも伝統を繋いでいきたいと思いました。

子どもたちの願い事(短冊)を少し紹介します。

★ きらきらやさんになりたい。

★ およげるようになれますように。

★ けえきやさんになりたい。

★ かぞくがみんなげんきにすごせますように

 

 

 

田植えをしました!

お米の成長過程を見ながら、いつも食べているお米をより身近に

感じられるように、A組で田植えをしました。

小さな田んぼはペットボトルです! ひとりにひとつ、自分の食べる

お米を作ります。「土はお米を作るのに、とても大切です。」「水も土

と同じくらい、お米にとって大切です。」各々で土と水を準備した小

さな田んぼに、3本ずつの稲を2か所植えました。「自分で作ったお

米のおにぎりはおいしいかもよ!!」子どもたちの弾んだ会話が聞

こえてきました。IMG_0054IMG_0055IMG_0057

かごしま米づくり

鹿児島県では,暖かい気候を活かして7月中旬頃から収穫する「 早期水稲」と

10月上旬から収穫する「普通期水稲」があります。

鹿児島県の種子島では台風がやってくる前に稲を収穫するために、3月半ばから田植え を始めます。

超早場米産地として有名な種子島の米は3月に田植えを行い、7月上 中旬に収穫し、全国へ出荷されます。

新入園児説明会

平成28年度新入園児説明会

日時:10月24日(土)、10月28日(水)

平成28年度入園案内時間:午前10時より

場所:幼稚園2階ホール

駐車場あり

お子様も御一緒にご参加ください。

*説明会は2回あります。

 

※入園案内の詳しいことは、↓↓↓こちらをご覧ください。↓↓↓
平成28年度入園案内
ひまわり幼稚園の概要がお分かりいただけます。

ページトップへ

学校法人カトリック学園ひまわり幼稚園
〒891-0113 鹿児島市東谷山3-31-13 電話099-268-2340

Copyright © 2019 モンテッソーリ教育のひまわり幼稚園 All Rights Reserved.